読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lotus1-2-365 blog

遅れてきたNotesエンジニアがクラウド活用について思いを巡らすブログ

ハイブリッド環境で二次アドレス帳を使う

Notesを利用されている企業は、比較的規模の大きい会社が多いと思います。そんな中で、グループ会社も別のNotes環境(ドメイン)を持っていて、アドレス帳をお互いに連携しあっていることもあるのではないでしょうか。 Notesの世界で、別ドメインのアドレス…

統合サーバーへのCSVアップロードを自動化する -後編-

前回は、WinSCPを使って統合サーバーにFTP接続するまでをみてきました。それでは、接続と転送処理の部分を自動化していきましょう。 ただし自動化、といってもそれほどたいしたことを実装していくわけではありません。 要は、WinSCP経由でファイルをFTP転送…

統合サーバーへのCSVアップロードを自動化する -前編-

前回は、SCNotesのプロビジョニングを一括で行うための「統合サーバー」機能について説明し、開設の手順から、使い方の流れを見てきました。 しかしながら一括でできる方法が分かった、よし、と思う一方で、「なら、CSVファイルのアップロードも自動化して、…

統合サーバーを使ったSCNotesユーザーの管理

お久しぶりです。昨年終わりから1月にかけて、Notesコンソーシアムの方のブログを書きためていた関係で、こちらの更新ができていませんでした。てへぺろ。新任Domino管理者向けのブログ記事が順次公開されていきますので、こちらも都度チェックをお願いいた…

ハイブリッド環境でのユーザー名変更

改姓に伴ってユーザー名やメールアドレスを変更して欲しい、という依頼はそうしょっちゅう来る依頼ではありませんが、ふいに来て管理者を悩ませるものです。オンプレの環境で確立したやり方で皆さま運用されていると思いますが、ハイブリッド環境においては…

ハイブリッド環境への新規ユーザープロビジョニング

以前の連載では、SmartCloud Notesのハイブリッド環境設定から、メールDBの移行を伴う、1ユーザーのクラウドへの登録作業の流れを見ていきました。 素朴な疑問として、では、全ユーザーのクラウドへの移行が終わった後、ユーザーを新規登録する際の手順はど…

Mail Onboarding Managerを使ったNotesメールのクラウド移行 5.IBM Verse開通

前回までで、メールのデータ移行まで終わりました。Verse開通までもう少しです。 新規ユーザーの場合は、Connections Cloudのログイン画面から、自分のメールアドレス(Dominoディレクトリに登録されていたメールアドレス)と、事前にツールから通達されたパ…

Mail Onboarding Managerを使ったNotesメールのクラウド移行 4.転送の実行

前回までで転送設定の作成が終わりました。 「New Setting 1」をクリックして開き、先の手順で作成した転送グループを選択して右上の「Apply」ボタンをクリックします。 これにより、「移行対象はどのユーザーか(Users)」と「どんな設定で移行するか(Sett…

Mail Onboarding Managerを使ったNotesメールのクラウド移行 3.転送グループの作成

さて、セットアップも終わり、いよいよデータの移行です。 なお、英語版OSにツールをインストールしたので、これからの画面全般がUIが英語になっていますが、日本語OSに入れれば日本語でちゃんと表示されます。 Mail Onboarding Managerの画面構成 MOMの画面…

Mail Onboarding Managerを使ったNotesメールのクラウド移行 2.MOMのセットアップ

前回、MOMのインストールまで終わりました。続いてセットアップです。 MOM(Mail Onboarding Manager)の起動とセットアップ ツールをインストールすると、Windowsのサービスの一覧に「IBM Mail Onboardin Manager」が出てきますので、まずはこれを起動しま…

Mail Onboarding Managerを使ったNotesメールのクラウド移行 1.MOMのインストール

前回までで、ようやっとSCNotesとオンプレDominoの連携設定が終わりました。いよいよ、実際にオンプレのメールDBをクラウドへ移行していきます。 移行にあたり、IBMさんが配布しているツールを使います。 今のところ2つツールがあります。 1.MOM(Mail Onb…

Smart Cloud Notesのハイブリッドアカウント設定 4.インターネットドメイン検証

前回までで、SCNotesとオンプレミスのDominoのディレクトリ同期に必要な設定を行いました。この設定以後、クラウドの世界とDominoディレクトリの定期複製が流れるようになります。 インターネットドメイン検証 設定してから1時間程度で最初の同期処理が流れ…

Smart Cloud Notesのハイブリッドアカウント設定 3.ドメイン設定ツール

前回、アカウントのセットアップに必要な設定がすべて緑表示になるところまで行きました。ここまできたら、画面下の「アカウントを使用可能にする」ボタンをクリックします。 すると、画面が以下のように変わります。 中央の赤い帯のメッセージから、ディレ…

Smart Cloud Notesのハイブリッドアカウント設定 2.オンプレ環境情報の入力

前回、事前構成テストまで完了しました。 次に、SCNotes側にオンプレミスのサーバー情報を設定していきます。 ディレクトリ同期サーバー設定 管理画面から、「ディレクトリ同期サーバー」をクリックします。 今回の構成では、ディレクトリ同期サーバーは1台…

Smart Cloud Notesのハイブリッドアカウント設定 1.契約~事前構成テスト

今回からは、実際にSCNotesのサブスクリプションを購入して、Saas側に必要なハイブリッド環境設定を見ていきます。 まずは契約 Saas版DominoのサービスであるIBM Smart Cloud Notesを利用するには、まずIBMの営業さんとコンタクトをとり、必要なヒアリングシ…

Softlayer上にDominoサーバーを構築する 7.SCNotesサーバー用の認証者IDの発行

オンプレミスのDomino側の準備は、このエントリまでで、ほぼ整いました。 オンプレ側の準備の最後に、SCNotes用の認証者IDを発行します。 ところで、SCNotes用の認証者IDとは何でしょうか? SCNotes用に認証者IDが要る理由 ここで、以前の記事にも記載したハ…

Softlayer上にDominoサーバーを構築する 6.パススルーサーバーの構築

以前の記事にも書いた通り、オンプレミスのDominoとSCNotesを連携させるためには、間にパススルーサーバーが必要になります。 ここでは、そのパススルーサーバーを構築していきます。 都合上、サーバーのOSがWindows Server 2008、Domino、OSともに英語版に…

Softlayer上にDominoサーバーを構築する 5.SMTPメールの受信設定

DNSのMXレコード設定 まず独自ドメインを購入する必要がありますが、先の記事で触れたようにすでにお名前ドットコムでドメインを取得していますので、メールの名前解決用の「MXレコード」と「Aレコード」を追加で設定します。 AレコードとしてSoftlayerのサ…

Softlayer上にDominoサーバーを構築する 4.SendGridと連携するSMTPメールの送信設定

前回までの記事で、Softlayer上にDominoのWebサーバーが立ち上がりました。次に、同じDomino上でSMTPサーバーとしての設定を行い、インターネットの世界とメールを送受信できるようにしたいと思います。 自前で立てたDominoサーバーから、同じDominoサーバー…

Softlayer上にDominoサーバーを構築する 3.独自ドメインでDominoWebサーバーにアクセスする

前回までで、Softlayer上にWindowsサーバーのインスタンスが立ち上がりました。 Dominoサーバーのインストール・セットアップ手順ですが、これはオンプレミスの環境と同様ですので割愛します。インストールモジュールについては、インターネット上にローカル…

Softlayer上にDominoサーバーを構築する 2.Softlayerの申し込み

それでは、クラウド上にDominoサーバーを構築するためにどのような作業が必要になるのか見ていきましょう。 まずはSoftlayerのホームページから、仮想サーバーを申し込みます。データセンターのロケーションやサーバーのスペックを選びます。個人的な経験で…

Softlayer上にDominoサーバーを構築する 1.サーバー構成

今回構築していくクラウド上のDominoサーバー環境は、設定をできるだけシンプルにするため、以下のような構成とします。 ・Softlayer上に立てるDominoサーバーは以下の2台です。 1.メール兼アプリサーバー兼SCNotesとの同期用サーバー 2.パススルーサー…

Notesをクラウド環境で使うには?

Notes/Dominoを使っている多くの企業が、そのサーバーを自社のデータセンターやサーバールームに配置していることと思います。そして社内LANからアクセスをしている。 これをクラウドに持っていく方法はいくつかあります。 Softlayer上にDominoサーバーを構…