読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lotus1-2-365 blog

遅れてきたNotesエンジニアがクラウド活用について思いを巡らすブログ

Mail Onboarding Managerを使ったNotesメールのクラウド移行 4.転送の実行

前回までで転送設定の作成が終わりました。

「New Setting 1」をクリックして開き、先の手順で作成した転送グループを選択して右上の「Apply」ボタンをクリックします。

 

f:id:gotus456:20160731110715j:plain

 

 

これにより、「移行対象はどのユーザーか(Users)」と「どんな設定で移行するか(Settings)」が紐づけられるわけです。

 

 

4.「Staging」

 

 

この状態で「Staging」タブを開くと、先ほどの転送グループが現れます。

 

f:id:gotus456:20160731110736j:plain

 

カテゴリを展開すると、対象のユーザーが見えます。

「Set transfer」の右の矢印をクリックします。

すると「Now」と「Schedule Later」が選べます。時限実行したい場合は後者を選びましょう。ここでは「Now」で即実行していきます。

 

f:id:gotus456:20160731110755j:plain

 

すると、以下のように進捗状況が表示されます。

画面も自動でリロードされますので、終わるまで待ちましょう。

 

f:id:gotus456:20160731110807j:plain

f:id:gotus456:20160731110815j:plain

 

ここまで行ったら転送は完了です。ネットワーク環境により変わると思いますが、ここでは、ほぼメールが空のユーザー1名の移行で、15分程度かかりました。

 

おや、まだ状態が「Staging」で、「Complete」になっていませんね。これで大丈夫なんでしょうか。大丈夫です。実は、これ以降のステータスの変化は、実際にユーザーがSCNotesにログインしないと進まないのです。管理者でできるのはここまでです。

 

SCNotesの管理画面上でも「処理待ち」になります。

 

次回は、ユーザー側の初回ログイン時の設定と、Verseを開くまでの手順です。